INFORMATION

ブログ

MADE BY SWEDEN--そのデザインと精神



ボルボの故郷 スウェーデン(北欧)には、

日本でも親しまれるマリメッコやIKEA、H&Mなど

デザイン性豊かなブランドがたくさんありますよね。


北欧スカンジナヴィア諸国におけるデザインは

”スカンジナビアンデザイン”と呼ばれますが、

まさに北欧スウェーデンで生まれたボルボのデザインは、

生活の質を重んじ、”ヒト”を中心に考えられた”スカンジナビアンデザイン”です。







スカンジナビアンデザインは、いつもぬくもりを感じる色使いやデザインが特長です。


北欧の冬は長く、夏は短く、日照時間も短い中で

人々の暮らしを支える天然資源は、豊かな森林・木材でした。

長い冬は相当に厳しい寒さにあるため、人々は室内で過ごす時間がとても長くなります。

長い夜を明るく、照明を暖かく、家族で囲む食卓の食器にも

温かみのある色使いを施したデザインは、家の中での暮らしを物質的にだけでなく

精神的に豊かなものにしたいという願いから生まれそうです 。






そして、ボルボのクルマづくりの根底にあるのもまた、

そんな”ヒト”を中心にしたスカンジナビアンデザイン。


北欧・スウェーデンの意志を受け継ぎ、

安全性と機能性をどこまでも追求するクルマづくりが  ここでも生きています。





「車は人によって運転され、使用される。したがって、ボルボの設計の基本は、常に安全でなければならない。」

——これは、ボルボ創業者たちの言葉です。

この価値観は今も変わることなく受け継がれており、2008年、

新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者を2020年までにゼロにする

というビジョンが発表されました。



人を守り、思いやることはボルボの哲学の根幹であり、

「Vision 2020」は、ボルボが人の命を守る責任を負うことを宣言するものです。



2020年、この実現に向け、

スウェーデンで日々続けられているボルボの努力をご覧ください。

VISION2020



そして、ぜひ一度ショールームにて

ボルボのスカンジナビアンデザインと、”ヒト”を中心に考えられたクルマを

ご自身でご体感ください。


この週末は、ボルボ・カー西宮へ!!!

週末の展示車情報




このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボのぬくもり。




ボルボ・カー西宮のホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます^^


全国各地で初雪が観測されるほど、いよいよ今年も本格的な寒さの到来ですね。

今日は年末年始ほどの寒さとの予報が出ておりますので

みなさまもどうか、体調にはお気をつけくださいませ^^



ということで・・・

現在、ボルボ・カー西宮でご商談をさせていただいたお客様に

おクルマの中に1枚あると、便利で役立つ

ボルボ・カー西宮オリジナル ブランケット プレゼント

いたします!!!





肌触りが良くふかふかの厚手生地で、とてもあったかいですよ♪





ボルボのロゴ入りで、今年、ここでしか手に入らないプレゼントです^^

数量限定でございますので、お早めにゲットしてくださいね




またボルボ車には、故郷スウェーデンの厳しい寒さの中でも安全快適にドライブできるよう

あたたか~い機能が装備されていますので、ここでご紹介いたします♪


シートヒーター

フロントもしくはリアシートの座席を起動後早急に温めます。

起動後 約30~45秒後には快適な温かさまで到達するため、

この機能を使えば、寒さに身体を縮めながら運転することなどありません!






↑簡単な操作で3段階のヒーターレベルを調整できます。


お写真ではこの温かさをお伝えできず、とても残念です・・・

ぜひ一度ご試乗にてご体感ください^^



ステアリングホイールヒーター

さらに、スウェーデンでは極寒の環境下、手袋をはめたまま運転することがごく当たり前の為、

センターパネルの操作ボタンやレバーの大きさ、形状、その配置に至るまで

ドライバー目線で快適かつ安全な運転を目的としたデザインになっているのですが、

実はステアリングホイール自体を温める機能もあります!






日本人はあまり手袋をしたまま運転をすることがなく、

そんな運転では危ないと感じることさえありますよね・・・

真冬は特に冷えきった手で、寒さを我慢しながらハンドルを握った経験はありませんか??

ステアリングホイールヒーターがあれば、そんなストレスを感じることなく

しっかり運転に集中できますよ^^


※車種やグレードにより、装備やオプションが異なりますので、

詳細はセールススタッフよりご案内させていただきます。


常に「人」を中心に置いた視点で生み出されたボルボの車には

こうした人やデザインの”ぬくもり”が感じられます^^


ご興味・ご不明点がございましたら、

お気軽にショールームまでお問い合わせください。


ショールーム受付専用TEL:0798-36-1477

営業時間:9時~20時

定休:毎水曜日






あたたか~いお飲み物をご用意してお待ちしております。



このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボの安全への取り組み~事故調査隊・セーフティセンター
















ボルボは、2020年までに新しいボルボ車での

交通事故による死亡者や重傷者の数をゼロにするという大きな目標を掲げ、

その達成を目指しています。


人を守り、思いやることはボルボの哲学の根幹であり、

「Vision 2020」は、ボルボが人の命を守る責任を負うことを宣言するものです。









ボルボは2009年、

「衝突回避のために完全に停止するオートブレーキ」

の認可を日本で初めて取得しました。



2015年までの7年間で、

自動ブレーキを搭載したボルボ車は、非搭載車に比べて

「事故発生率が69.0%減少*」という結果が出ています。



また、追突事故や対人事故の発生率も大きく減少しています。


しかし、この機能も、ボルボ車が備える数々の安全テクノロジーのうちの1つ。


ボルボはさらに技術を磨き、全方位に安心を拡げていきます。



*2009〜2015年度に新規登録されたボルボのオートブレーキ・システム搭載車は、

非搭載車に比べて日本における事故発生率が69.0%、

追突事故発生率が76.5%、

対人事故発生率が58.6%減少。


※公益財団法人・交通事故総合分析センター(ITARDA)のデータを基に独自算出。





ボルボの事故調査隊







ボルボの事故調査隊が集めた資料やデータは

「ボルボ・セーフティセンター」に集められ、

調査チーム・技術開発チーム・テストチーム・解析チーム・設計チームの

5つのチームによって事故の原因が分析されます。


総勢100名を超えるスタッフによって、

「なぜ不注意が起きたのか」

「なぜコントロールを失ったのか」

「その時の車内の状況はどうだったのか」

「道路の状況はどうだったのか」を検証し、場合によっては事故そのものを再現します。





ボルボ・セーフティセンター





ボルボ・セーフティセンターでは、

スーパーコンピュータによるシュミレーション・プログラムを活用しての検証に加え、

毎年400回以上の完成車によるクラッシュテストを実施しています。


さらに、成人男性や女性、子供のダミー人形を使ってテストを行うのはもちろんのこと、

妊娠した女性に対する安全性を確かめるために、

お腹に胎児がいる妊婦のバーチャルダミーを開発し、

シートベルトとエアバッグが母体と胎児にどのような影響を与えるか研究しています。



ちなみに、「クライブ」と名付けられたダミー人形には、

むちうち症のテストダミー「メアリー」という恋人がいます。


ボルボでは、これらダミー人形も貴重なパートナーとして大切に使われています。







こうした設備や装備、あらゆるプロフェッショナルの手によって生み出された技術のもとに、

限りなく現実の事故に近い状況を再現した衝突実験を行うことで、

ボルボは常に人の命を救うことを考え続けています。




そこで、VISION2020を構成するひとつであり、より安全な未来に向けた大きな一歩

ボルボの自動運転技術に関するページがございますので

ぜひ、ご覧ください^^



ボルボ・カー・ジャパン公式ホームページ

http://www.volvocars.com/jp/about/our-innovation/intellisafe-autopilot/why




こうして生まれたボルボの先進安全技術

インテリセーフは全車種標準装備です。



ぜひ、ご試乗にてご体感ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

Hanakoパパ




VOLVO フリーペーパーのご紹介 



マガジンハウスが発刊する女性ファッション雑誌「Hanako」より、

小さなお子様がいらっしゃるパパさん向けに発信する

Hanako パパ が届きました^^
















ショールームに冊子をご用意しておりますので、

ぜひ、お持ち帰りください^^




ボルボのチャイルドセーフティページはこちら

http://www.volvocars.com/jp/about/our-stories/volvo-safety/child-safety






このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ車種の頭文字★






みなさま、突然ですが・・・

V40、V60、S60、XC90など

ボルボの車種の頭文字の意味をご存知でしょうか^^








ボルボの車種の中で、

「V」はワゴンタイプ。「S」はセダンタイプ。

という認識をお持ちの方も多くいらっしゃると思います。



この認識も、正しいのですが

改めて車種の頭文字の意味をご紹介いたします^^





V40 クリスタルパールホワイト






V60 パワーブルーメタリック



V40、V60、V70の『V』

「V」は、多才・多様性などの意味を持つ 「バーサティリティ(Versatility)」の頭文字。







S60 パッションレッド


『S』はサルーン

「4人乗りの箱型車」という意味の「セダン」のブリティッシュ(イギリス)英語。








XC60 オニキスブラック





XC90 ルミナスサンドメタリック



『XC』=クロスカントリー

オフロード走行することを前提として設計された車。






C30 オレンジフレームメタリック

※C30は現行モデルではありません。



『C』=クーペ または カブリオレ

「クーペ」=2ドアの前部座席を主としているもので2人乗りの車 。

「カブリオレ」=主にドイツやフランスでのオープンカーの呼び名。






V40 T5 R-Design アイスホワイト



R-DESIGNの『R』の文字は、

「洗練、優雅、改善」 という意味を持つ「リファインメント(Refinement)」の頭文字。



このように、ひとつひとつの車種に込められた意味を知ると、

ボルボのクルマ作りに対するこだわりや思いが垣間見えますよね^^









ぜひ、一度ショールームにて

1台1台に込められたボルボのこだわりを感じてください^^



試乗ご予約はこちら

https://vc-dealer.net/testdrive/index/80







このエントリーをはてなブックマークに追加
<< 1 2 >>
2ページ中1ページ目
RSS FEED http://www.vc-nishinomiya.com/vcnishinomiya_info/feed?feed=rss

ボルボ・カー西宮
株式会社ナビアモータース
ボルボ・カー西宮
〒662-0978
兵庫県西宮市産所町14-11
ショールーム受付:0798-36-1477
定期点検・車検のご予約:0798-33-8555
緊急・その他一般修理:0798-39-9388
FAX:0798-36-1800
ショールーム営業時間 9:00 - 20:00
サービス工場営業時間 9:00 - 18:00
毎週水曜日定休
>>ショールーム案内はこちら